安楽死が羨ましい…と思う気持ちがわかりますか?身近な人から「死にたい」と言われたら?

スポンサーリンク

私は仕事で高齢者や難病の患者の方々とお付き合いしています。

老いや病を受け入れ、力強く生きている方々もたくさんいらしゃいますが、

老いや病の苦しさから「安楽死が羨ましい…」という言葉を聞く事も珍しくありません。

安楽死とは?

安楽死が羨ましい…と思うほどの苦しい気持ちとは?

身近な人から「死にたい」と言われた時の対応策も語りたいと思います。

安楽死とは?

安楽死とは、治る見込みの無い病気の患者さんに対して、苦痛を感じないような安らかな死を迎えさせてあげる事です。

安楽死は、消極的安楽死と積極的安楽死に分けられています。

消極的安楽死

消極的安楽死とは、患者さんご本人の意思で病気やケガに対しての治療を行わない、

いわゆる「延命治療」を拒否する事です。

患者さん本人の意思とは、延命治療を行う場での意思表示だけではなく、

ご本人の自筆署名のある文書でも、ご本人の意思として扱われます。

患者さんご本人に意識が無く意思が確認出来ない場合や、

ご本人の意思が確認できる文書が存在しない場合は、

患者さんの親族の意思で決定されます。

日本の法律では、ご本人または親族の明確な意思が確認できれば、

医師などの他人が安楽死に手を下しても犯罪にはなりません。

積極的安楽死

積極的安楽死とは、患者さんご本人の意思に基づいて、薬物の投与や生命維持装置を停止するなどして死に至らせる行為です。

日本の法律上では、患者さん自身が自分で行った場合は自殺として扱われますので犯罪にはなりませんが、

本人の意思であろうと医師などの他人が手を下せば、実行した者が殺人罪に問われます。

ただし、名古屋安楽死事件や、東海大学病院安楽死事件の判例では、

    • 患者本人の明確な意思表示がある(意思表示能力を喪失する以前の自筆署名文書による事前意思表示も含む)。
    • 死に至る回復不可能な病気・障害の終末期で死が目前に迫っている。
    • 心身に耐えがたい重大な苦痛がある。

という条件を全て満たす場合は、刑事責任の対象にならないとされています。

国際的に積極的安楽死が認められている国は、

  • スイス
  • オランダ
  • ベルギー
  • ルクセンブルク
  • カナダ
  • 韓国

などがあり、

アメリカとオーストリアでは積極的安楽死を州別で認めています。

しかし、安楽死の問題は「死ぬ自由」という尊厳や法律的な問題ではなく、

安楽死を望むほどの苦しみを理解し、解決してあげる事の方が大事な事ではないかと考えています。

安楽死が羨ましい・・・と思う気持ち

お元気な方々には、「安楽死が羨ましい」と、自ら死を願う気持ちが理解できないかもしれません。

しかし、

「治らない病気で苦しむのなら・・・」
「家族に迷惑をかけたくない・・・」

という苦しみで、安楽死を願う方は珍しくありません。

私の仕事上、ご病気の患者さんや高齢者の方々とじっくりお話しする機会も多く、

安楽死のお話しもよく出てきます。

「治らない病気で苦しむのなら・・・」

と、死を望む難病の方々や

「家族に迷惑をかけたくない・・・」

と、おっしゃる高齢者の方々はたくさんいらっしゃいますし、

「一日中、どうやって死ぬかを考えている・・・」

というお話しを聞かせていただく事も日常茶飯事です。

ただ、ほとんどの場合は、あくまでも自分の苦しさを解ってもらいたいと、表現の手段として

「死にたい」

という言葉を使われていらっしゃったり、

ベッドの上で「死に方」を1日中ずっと考え、

「死ぬ事で、この苦しみはいつでも終わらせる事ができる」

という、逃避として自分を慰めていらっしゃったり、

こんな方々は、ご家族など周りの方々の努力もあり、

苦しみを抱えながらも生き抜くエネルギーを保って下さっています。

しかし、病気の苦しみから逃れる手段として、本気で「死」を望んでいる方もいらっしゃいます。

ご家族もいらっしゃらず天涯孤独で、身体も全く動かせず、強い痛みで話す事すら苦しい難病の患者さんから、

「俺を殺して、この苦しみから助けてくれ・・・」

と、涙を流しながらお願いされた時は、主治医に「安楽死」を土下座してお願いした事もあります。

「もうこれ以上家族に迷惑をかけられない・・・」と、自殺未遂をされた高齢者の方の自宅に1週間泊まり込んだ事もあります。

回復の可能性の無いケガや病気で苦しんでいらっしゃる患者さんや、

家族の負担になって苦しむ高齢者の方々の心を、

理解しなければいけない場面に直面した時にはいつも、

「苦しみながらでも生き抜く」
のと、
「苦しみから解放されるために死を選ぶ」
のと、

「どちらが正しいのか?」
「私はどう助けてあげれば良いのか?」

という難問に、悩んでもがき苦しみます。

「この先には苦しみしか待っていない」

という絶望しかない状況の患者さんや高齢者の方々にとって、

安楽死は苦しみから逃れるための助け舟であり、希望の光でもありますので、

「安楽死が羨ましい・・・」

と思う気持ちは当然の事と言えます。

しかし、現在の日本の法律では余程の事が無いと安楽死は認められませんし、

安楽死を望むほどの苦しみから抜け出せる可能性もあるので、

周りの人達が苦しみを理解して対応してあげるのが非常に大事だと思います。

スポンサーリンク



身近な人から「死にたい・・・」と言われたら?

安楽死を望むほど苦しんでいる患者や高齢の方は、苦しみを自分では解決できないので、

「死にたい・・・」

とう気持ちになります。

この問題を解決するためには、ご家族や周りの人達が「死にたい」という苦しい気持ちを軽くしてあげるしかありません。

もし、身近な人に「死にたい・・・」と訴えられたら、どう対応すれば良いのか?

一般的な対応策を、段階的に説明致します。

STEP① 苦しい気持ちを受け入れる。

まず、大事なのは「死にたい」と思う気持ちを理解し、受け入れてあげる事です。

「もう!そんな事言って!いいかげんして!」と怒る。

「そんな事言って、どうせ死ねないでしょ」と聞き流す。

「そんな悲しくなるような事は言わないで」と自分の気持ちだけを押し付ける。

などは、絶対にしないで下さい。

何が苦しいのか?をじっくり聞いて、ご本人の本音を理解してあげて下さい。

それが、どんなに甘えた気持ちだろうとワガママだろうと、イライラせず我慢して、

「心のSOS」だと理解して、

「苦しみを解って欲しいのか?」
「申し訳ないという気持ちなのか?」
「苦しみから逃れたいと思っているのか?」

まずは本音を理解して、受け入れてあげて下さい。

STEP② 気落ちを落ち着かせる。

本音を理解できたら、次に気持ちを落ち着かせてあげて下さい。

もし「自分の苦しみを解って欲しい」という気持ちなら、

「苦しいよね・・・」
「辛いよね・・・」
「大変だよね・・・」

と、声をかけてあげて下さい。

それだけでも「苦しさをわかってくれた」と気持ちが満たされます。

「負担をかけて申し訳ない」という気持ちなら、

「負担なんて思ってないよ」
「負担ではあるけど、お父さんが居なくなるよりぜんぜんいい」

と、安心させてあげて下さい。

「苦しみから逃れたい」という気持ちなら、

「わかった。主治医の先生に相談しよう」

と、話を前に勧めてあげて下さい。

これで、落ち着いて解決策を話せるようになります。

STEP③ 具体的な解決策を話し合い、実行する。

ご本人の気持ちが落ち着いたところで、具体的な解決策をご本人と話し合います。

「自分の苦しみを解って欲しい」というのであれば、

「何をすれば苦しみを軽減できるのか?」

を話し合って下さい。

もし、それが可能な事であれば、出来る限りの努力をしてあげて下さい。

もし、無理な注文をされても、

「そんなの無理に決まってるじゃない」

なんて、頭ごなしに拒否せず、

「わかった!努力してみるね」
「できるかどうか調べてみるね」

と、前向きな姿勢をみせてあげて下さい。

もし実行できなくても、苦しい気持ちをわかって欲しいだけですので、

「自分のために努力してくれた」

というだけで、ほぼ解決できます。

「負担をかけて申し訳ない」という事なら、

例えば、

  • 介護で身体に負担がかかっているのを気にしているのなら、他人任せにしたくなくても介護サービスに頼る。
  • 自分のために時間を取らせている事に負担を感じているのなら、独りにするのが心配でも自分の時間を増やす。
  • 家族に介護をしてもらう事自体に負担を感じているのなら、施設に入る事を検討する。

など、介護をしている方が楽できる方法や、ご本人が我慢できるところなどを話し合って下さい。

話がまとまった時点で、主治医・ケアマネ・ケースワーカー・病院・役などに相談して、実行に移して下さい。

「苦しみから逃れたい」という事なら、

具体的に苦しんでいる事をご本人と話し合って、主治医に相談して下さい。

病気の症状が苦しいのであれば、入院したり治療を変更する事で症状を軽減する事もできますし、

精神的な苦しみなら、精神科で対応できます。

難病であれば病気自体を治す事は困難ですが、症状や心を軽くするのは可能です。

STEP④ 常に気を配り、繰り返す

解決策を実行していても、問題は繰り返されます。

常に気を配り、問題が発生するたびにSTEP①~STEP③までを繰り返して下さい。

繰り返し実行する事で、その時々の問題を解決できますし、

「常に気を配ってもらっている」

という安心感が「死にたい・・・」という気持ちを軽減させます。

注意する事

ご注意いただきたいのは、この対応策はあくまでも一般的な方法で、挙げた問題も一部の例にすぎません。

患者さんや高齢者の方々で起こる問題やご本人の価値観は個人々で様々ありますので、

解決策は、その時々によって変わります。

この方法で対応できない場合は、主治医・ケースワーカー・ケアマネなどに相談して下さい。

安楽死が羨ましい…と思う気持ちがわかりますか?身近な人から「死にたい」と言われたら? まとめ

まとめ

1 安楽死とは?
治る見込みの無い病気の患者さんに対して、苦痛を感じないような安らかな死を迎えさせてあげる事です。

1.1 消極的安楽死
いわゆる「延命治療」を拒否する事で、医師などの他人が安楽死に手を下しても犯罪にはなりません。

1.2 積極的安楽死
薬物の投与や生命維持装置を停止するなどして死に至らせる行為で、本人の意思であろうと医師などの他人が手を下せば、実行した者が殺人罪に問われます。

2 安楽死が羨ましい・・・と思う気持ち
難病や高齢で、絶望しかない状況の患者さんや高齢者の方々にとって、安楽死は苦しみから逃れるための助け舟であり、希望の光でもありますので、「安楽死が羨ましい・・・」と思う気持ちは当然の事と言えますが、周りの人達が苦しみを理解して対応してあげるのが非常に大事だと思います。

3 身近な人から「死にたい・・・」と言われたら?
ご家族や周りの人達が「死にたい」という苦しい気持ちを軽くしてあげるしかありません。

STEP① 苦しい気持ちを受け入れる。
何が苦しいのか?をじっくり聞いて、ご本人の本音を理解して、受け入れてあげて下さい。

STEP② 気落ちを落ち着かせる。
次に気持ちを落ち着かせてあげれば、落ち着いて解決策を話せるようになります。

STEP③ 具体的な解決策を話し合い、実行する。
ご本人の気持ちが落ち着いたところで、具体的な解決策をご本人と話し合います。
難病であれば病気自体を治す事は困難ですが、症状や心を軽くするのは可能です。

STEP④ 常に気を配り、繰り返す
繰り返し実行する事で、その時々の問題を解決できますし、「常に気を配ってもらっている」という安心感が「死にたい・・・」という気持ちを軽減させます。

注意する事
患者さんや高齢者の方々で起こる問題やご本人の価値観は個人々で様々ありますので、解決策は、その時々によって変わります。
この方法で対応できない場合は、主治医・ケースワーカー・ケアマネなどに相談して下さい。

  

難病に苦しむ方や寝たきりの高齢者の方に限らず、

本人以外の人間が苦しみを完全に理解するのは不可能です。

理解するのが不可能だからといって諦めず、

苦しんでいる方に寄り添って、苦しみを理解しようとする行動こそが大事です。

死にたくなるほど苦しんでいる方の身近に居る方を助けるのは、とっても大変な事ですが、

助けようとする気持ちが必ず伝わり、その気持ちこそが苦しんでいる方を助けるエネルギーになりますので、

大変でも諦めずに苦しみから救ってあげて下さいね♪

スポンサーリンク

フォローする