病気を持つ子供達を癒してくれる ファシリティドッグって知ってますか?

スポンサーリンク

私達が関わっている病気を持った子供達は、体調が悪化すると入院を強いられます。

入院が決まると、子供達は落ち込み、見ているだけで可哀そうになります。

今日、ニュースでファシリティドッグという役割の犬の存在を知りました。


出展:Twitter

ファシリティドッグの居る病院へ入院する子供達は、

ファシリティドッグに会える事を楽しみにしていて、

ファシリティドッグに会えるからと、入院さえも楽しみにしていました。

このファシリティドッグとはいったい何でしょう?

病気で苦しむ子供達に何を与えてくれるのでしょう?

ファシリティドッグとは?

ファシリティドッグは、病気で苦しむ子供達に安らぎを与えられるよう、専門的なトレーニングを受けた犬で、

ハンドラーという専門的なトレーニングを積んだ看護師とペアで活動しています。


出展:Twitter

2010年1月に静岡県立こども病院で活動を開始し、2012年7月からは神奈川県立こども医療センターで緩和ケアチームの一員として活動を始めました。

当初、神奈川県立こども医療センターではベイリーという9歳のゴールデンレトリバーと、

静岡県立こども病院ではヨギという6歳のゴールデンレトリバーの2頭で活動を始めました。

現在、神奈川県立こども医療センターでは、

ベイリーの後任犬となる1歳のゴールデンレトリバーのアニーとベイリーの2頭で活躍しており、

現在、日本ではこの3頭だけがファシリティドッグとして頑張っています。

現在のファシリティドッグの仕事は、子供達とスキンシップを取る事で、

病気で苦しみ、入院でストレスを感じている子供達を癒して元気付ける事です。

ファシリティドッグは、活動する病院や施設にスタッフとして常駐して、

子供達と多くの時間を過ごす事で、子供達との交流を深めています。

出展:シャイン・オン!キッズ

子供達と動物のスキンシップ効果

動物とのスキンシップでストレスが解消されたり、幸せな気持ちになるのは

オキシトシンというホルモンが関係しています。


出典i.yimg.jp

このオキシトシンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、スキンシップで分泌されるホルモンです。

動物を撫でたり、好きな人に撫でられたりして幸せな気持ちになった事はありませんか?

それが、オキシトシンの効果で、

愛おしいと思うものとのスキンシップでオキシトシンは分泌されます。

最近の研究では、知的障害のある自閉症患者にオキシトシンを投与したところ
自閉症患者の症状が改善したという報告や、アスペルガー症候群でも効果が確認されたとの報告もあり、
将来的に、対人コミュニケーションや社会生活の困難さを軽減するような治療も期待されているホルモンです。

セラピードッグと、どう違う?

ファシリティドッグと同じような役割の犬でセラピードッグという犬がいます。


出展:NPO法人 ドッグセラピージャパン

セラピードッグも、高齢者や病人を癒す大事な役割を担って活躍していますが、

ファシリティドッグとの違いは、

セラピードッグは特定の施設や病院には所属せず、依頼のあった場所へ訪問して、

高齢者や病人を癒やすという活動をするのに対して、

ファシリティドッグは、特定の施設や病院に常駐して、

病人を継続的にサポートをするのが、セラピードッグとの違いです。



セラピードッグは、一時的な活動なので、活動する時だけ我慢してストレスを受けますが、

ファシリティドッグは、常駐して継続的にずっと活動しなければいけませんので、

セラピードッグよりも長時間のストレスを受けやすく、ストレスに対する強い耐性が必要になります。

また、セラピードッグになるには特に資格はいりませんが、

ファシリティドッグは血統を遡って適正を見た上で、1年半から2年の訓練を受けて、

厳しいテストに合格しないと活動できませんので、普及することが難しいという難点があります。

テレビで見たファシリティドッグは、正に仕事をしているという感じで、

子供達とのコミュニケーションを取っている時も、一緒に遊んでいるのではなく、

明らかに自分の役割を理解して、仕事に徹している様子に感動しました。

尻尾を下げ、我慢しながら子供達とコミュニケーションに徹する姿や、

優しく子供達を見つめる眼差しは、

完全にプロとしての仕事をしているようでした。


出展:静岡県立こども病院

さすが、血統の審査を通り、厳しい訓練を受けて合格した犬だと感じました。

スポンサーリンク



ファシリティドッグを普及させるためには?


出展:シャイン・オン!キッズ

こんな、子供達を癒す大きな役割を持ったファシリティドッグを

もっと普及してもらいたいところですが、

まず、障壁となるのがファシリティドッグを導入する費用です。

1頭のファシリティドッグを病院に導入するにあたってかかる経費は、

初年度で約1,200万円、その後も年間約900万円ずつかかり、

まだ行政との連携が確立されていないため、助成金などが受けられず、

かかる費用の全額を負担しなければいけないところにあります。

全国の病院から依頼はあるようですが、この金銭的な負担がネックとなって、

最終的な導入には至っていないようです。

更に、導入の壁となっているのが育成する施設の問題です。

現在、活躍しているベイリー・ヨギ・アニーの3頭は、いずれもハワイにある使役犬育成施設で選ばれて訓練を受けた犬です。

ファシリティドッグの普及を進める為には、日本で育成する必要がありますが、

現状では、費用や環境の問題があり、実現は難しいようです。

また、ファシリティドッグの世話や一緒に活動する人をハンドラーと呼びますが、

現在、ファシリティドッグを必要としている小児病棟のファシリティドッグのハンドラーになるには、

看護師か臨床心理士の資格と実務経験が必要になるので、

ただでさえ不足している医療資格者がハンドラーとして活動するには、人材確保としての問題もあります。

それに、ファシリティドッグは、病院や施設に常駐して活動しますが、

住む場所は別に確保しなければいけませんので、

ハンドラーとなる人がファシリティドッグと一緒に住み、

一緒に通勤する必要があります。

これらの問題が普及を妨げているわけですが、

これらを解決するためには、行政との連携や導入する病院や施設の理解も必要です。

人材確保については、興味を持つ人達も少なくないと思いますので、

ファシリティドッグの存在が広まれば、ハンドラーを志す人材も多く出てくるのではないかと思います。

この記事をみて、もし興味を持った方がいらっしゃれば、

日本でファシリティドッグの活動をしている唯一の機関である

「認定NPO法人シャイン・オン!キッズ」

のWEBページ(http://sokids.org/ja/)を見てみて下さい。

病気を持つ子供達を癒してくれる ファシリティドッグって知ってますか? まとめ

まとめ

1 ファシリティドッグとは?
病気で苦しむ子供達に安らぎを与えられるよう、専門的なトレーニングを受けた犬で、ハンドラーという専門的なトレーニングを積んだ看護師とペアで活動している。

2 子供達と動物のスキンシップ効果
動物とのスキンシップでストレスが解消されたり、幸せな気持ちになるのはオキシトシンというホルモンが関係している。
オキシトシンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、スキンシップで分泌されるホルモン。

3 セラピードッグとどう違う?
セラピードッグは特定の施設や病院には所属せず、依頼のあった場所へ訪問して、高齢者や病人を癒やす。
ファシリティドッグは、特定の施設や病院に常駐して、病人を継続的にサポートをする。

4 ファシリティドッグを普及させるためには?
費用や育成施設、ハンドラーの人材確保などの問題があり、普及の障壁となっているが、
行政との連携や導入する病院や施設の理解、ファシリティドッグの存在が広めハンドラーに興味を持つ人材を集める必要がある。

我が家にもネコが居ますが、傍に居てくれるわけでもなく、甘えてくれるわけでもありませんが、

ただ、ネコの身体を撫ぜているだけでストレスが解消し癒され、

こいつらの為なら、何でも頑張れるぞ!という気持ちにさせてくれます。

病気を持つ子供達は、病気の苦しみと同じ世代の友達と普通に生活できない辛さを抱えていますが、

普通の病院や施設には、それを癒してくれる人間も物も存在しません。

病気の苦しさは、病気に打ち勝ち、明るい未来を夢見る力さえ奪ってしまいます。

ファシリティドッグは、子供達の苦しみや辛さを癒してくれ、頑張る力を与えてくれる貴重な存在です。

苦しみを抱えている子供達のために、国も自治体も協力して下さると有難いです。

皆さんも、応援を宜しくお願いします!

スポンサーリンク

フォローする