春に夏バテ?!なんとなく、だるい・イライラ・無気力が続く「春バテ」とは?

スポンサーリンク

暖かくなる今ごろになると、食欲不振や体のだるさなどを訴えられる患者さん達が多くなります。

「夏バテ」には早いこの時期に、「春バテ」とも呼べるような症状が出ます。

春バテとは何なのでしょう?

なぜ、さわやかな季節の春に症状が出るのでしょう?

春バテとは?

通常、夏バテと呼ばれる体調不良は、夏の暑さや湿気が高い事で体の変調を起こします。

夏バテの症状としては、

・食欲不振
・倦怠感
・身体のだるさ
・睡眠障害
・気力低下

などです。

原因としては、

自律神経の乱れ、ストレス、発汗異常などいろいろな原因により、
・食欲不振
・倦怠感
・睡眠不足
などが現れ、これが原因で栄養障害やストレスに繋がり、
また自律神経に影響を及ぼすという悪循環が起こります。

という事になりますが、

この夏バテと同じような症状が春に出るものが「春バテ」です。

ウーマンウェルネス研究会から、春に体調不良を感じている人は9割にものぼる事が発表されています。


引用:ウーマンウェルネス研究会

なぜ春に夏バテするのか?

夏バテは、夏の暑さや湿気が高い事で体の変調を起こすものですが、

春は、気温も湿度もそんなに高いわけじゃなく、どちらかというと「爽やか」な環境と言えます。

では、なぜそんな春に夏バテのような症状が出るのかといいますと、

季節の変わり目としての自然環境の変化や、年度の変わり目としての生活環境の変化が原因となります。

自然環境の変化

寒い冬から急に暖かくなる事や、寒の戻りなど暖かい状態から急に寒い日があるなど、

気温や湿度の変化が大きい事が挙げられます。

気温の変化

気温が大きく変化する「寒暖差」は、気温が5度以上変化すると体に変化が現れます。

この体の変化は、自律神経の乱れにより出るもので、血圧や脈拍の変化、胃腸や三半規管などへも影響を及ぼします。

症状としては、

・頭重感
・めまい
・胃の不快感
・下痢
・便秘
・手足の冷え

などを引き起こします。

気温が、急激な変化として起こったり、日ごとに変わったりすれば、自律神経が変化に付いて行けず、安定できない事でさらに症状が強くなっていき、

さらに、体を正常な状態に戻すエネルギーを使いすぎ、全身の疲労感や倦怠感などの症状も引き起こします。

湿度の変化

湿度が高くなると、汗をかきにくくなり、体の体温調節が上手くいかなくなります。

体温の調節が上手くいかなくなると体が冷えてしまい、

循環障害による
・倦怠感
・むくみ
・冷え性
に繋がり、

また、胃腸障害により
・食欲不振
・倦怠感
などの症状が出ます。

生活環境の変化

春は、年度の変わり目として、お子さんの進学や就職、ご自身の転勤や退職、これらに伴う引っ越しなど、生活環境の変化が大きくなり、

生活環境の変化は、ストレスや自律神経の乱れに繋がります。

ストレス

生活環境の変化は、生活習慣が変わったり、新たな人間関係を作らなければいけない事などにより精神的なストレスを受ける事になります。

生活環境の変化によるストレスは、

・精神的な不安定
・集中力に低下
・胃もたれ
・便秘
・下痢
・動悸
・めまい
・倦怠感
・睡眠障害

など、様々な症状を生み出します。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れは、血圧や脈拍・胃腸・三半規管にまで影響を及ぼします。

これらの影響により、

・頭重感
・めまい
・胃の不快感
・下痢
・便秘
・手足の冷え

などの症状が出ます。

これらの問題により、春は「夏バテ」のような症状が出やすい時期だという事です。

スポンサーリンク



春バテを改善するには?

春バテを改善するには、

・気温の変化
・湿度の変化
・自律神経の乱れ
・ストレス

に対処する必要があります。

気温の変化への対処

気温の変化を予防するには、室内ではエアコン、屋外では衣服でのコントロールが有効です。

春にエアコンを使うのは、もったいないと考えがちですが、
エアコンの使用は、朝だけで大丈夫です。

リモコンのタイマーを使い、起きる時間に18度~20度前後に設定しておく事をオススメします。

屋外では、通気性の良いシャツに上着を重ね着して、脱ぎ着する事で温度変化に対応して下さい。

湿度の変化への対処

湿度の変化に対応するには、温度を管理する事で湿度もコントロールできますので、上記の温度の変化の対応策を実行する事が大事です。

また、吸水性・速乾性の良い肌着を使用して、湿度の変化から身体を守ります。

自律神経の乱れへの対処

自律神経を整えるには、以下の①~⑤の対処が必要です。

①生活リズムを整える
起きる時間や寝る時間・時間を決めて3食きちんと食事を摂るなど、規則正しく生活を心掛けます。

②バランスの良い食事
栄養が偏ると、体の調子を崩し自律神経を狂わせてしまいます。
バランスの良い食事を3食しっかり食べる事が大事です。

③運動習慣をつける
運動は自律神経を整えます。
ただし、筋トレなどの負荷の高い運動よりも、軽い有酸素運動の方が効果的です。

④カフェインを避ける
カフェインは交感神経を興奮させ、自律神経を乱します。
カフェインは、コーヒーだけではなく、お茶や紅茶にも含まれていますので、飲み過ぎにはご注意下さい。

⑤連続飲酒は控える
連続飲酒とは、ちびちびすっと飲み続ける事を言います。
連続飲酒は、脳の抑制を鈍らせて興奮状態にしてしまいます。
脳が興奮すると、交感神経も興奮して自律神経を乱します。
お酒は、少量に抑えて、ほろ酔いぐらいで我慢しましょう。

自律神経が整うには3日ほど時間がかかりますので、これらの改善策は最低3日以上はお続け下さい。

ストレスへの対処

ストレスを改善するためには、ストレスの原因となっている状況が抜け出す事が一番ですが、
これは、なかなか難しいと思いますので、ストレスを無くす方法ではなく、受けたストレスを解消する方法をご紹介します。

ストレスを解消するには、運動が最も有効です。

関連記事:ストレス解消には運動がオススメなのは証明されている! プロが選ぶ運動はこれだ!

運動をすると、
・幸せホルモン:セロトニン
・快感ホルモン:ドーパミン
が分泌されます。

30分ほどの軽い有酸素運動は、これらのホルモンの分泌を促します。
これらのホルモンの効果は、うつ病の治療薬1回分に相当すると言われています。

早朝でも夕方でも時間は関係ありませんが、自分が気持ち良いと感じる時間帯に、少し息が弾む程度の運動を30分ほど毎日行って下さい。

その他にもストレスを少なくする方法として、
・深呼吸をする
・ぬるめのお風呂に入る
・好きな音楽を聴く
・好きな香りを嗅ぐ
などがありますが、

最近では「涙活」と呼ばれる、泣いてストレスを解消する方法も効果を発揮しているようです。

関連記事:涙活でストレスも病気も解消できる?上手に泣くための7つのステップ!

春に夏バテ?!なんとなく、だるい・イライラ・無気力が続く「春バテ」とは? まとめ

まとめ

春バテとは?
夏バテと同じような症状が春に出るものを「春バテ」と呼びます。

なぜ春に夏バテするのか?
季節の変わり目としての自然環境の変化や、年度の変わり目としての生活環境の変化が原因となります。

自然環境の変化
気温や湿度の変化が大きい事が挙げられます。

気温の変化
「寒暖差」は、気温が5度以上変化すると体に変化が現れます。
体の変化は、自律神経の乱れにより出るもので、血圧や脈拍の変化、胃腸や三半規管などへも影響を及ぼします。

湿度の変化
汗をかきにくくなり、体の体温調節が上手くいかなくなります。
これは、循環障害や胃腸障害に繋がります。

生活環境の変化
生活環境の変化は、ストレスや自律神経の乱れに繋がります。

ストレス
生活環境の変化は、生活習慣が変わったり、新たな人間関係を作らなければいけない事などにより精神的なストレスを受ける事になります。

自律神経の乱れ
自律神経の乱れは、血圧や脈拍・胃腸・三半規管にまで影響を及ぼします。

春バテを改善するには?
春バテを改善するには、
・気温の変化
・湿度の変化
・自律神経の乱れ
・ストレス
に対処する必要があります。

 

夏バテと春バテの症状は似ていますが、原因となる要因や対処法は違いますし、

夏バテと比較して症状も軽めではあります。

ただ、春バテの症状を引きずったまま、夏バテに突入すると大変な事になります。

症状が軽いからと甘く見ず、早めに対処する事をオススメします♪

スポンサーリンク

フォローする