一覧

ボランティアで迷惑をかける人達?私が現場で見たモンスターボランティアとは?

私は仕事の関係上、いろいろなボランティアに参加させていただく事が多いのですが、ボランティアに来て下さる方には、様々な方がいらっしゃいます。被災地でのボランティアでも、善意のボランティアに混じり、迷惑をかける『モンスターボランティア』と呼ばれる人達が話題になっていますが、障害者や高齢者へのボランティアでもモンスターボランティアはいらっしゃいます。今回は、私がボランティアの現場で見た、モンスターボランティアのお話をしたいと思います。

高齢者ドライバーのアクセル踏み間違い事故はなぜ起こる?踏み間違い事故を防ぐにはどうすればいい?

交通事故総合分析センターの発表では、高齢者のドライバーは過去10年間で約2倍に増加しています。そんな中、連日のように高齢者の交通事故がニュースで報じられており、アクセルの踏み間違いが原因の事故も多発しています。高齢者のアクセル踏み間違い事故はなぜ起こるのでしょう?アクセル踏み間違いを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?

訪問看護に向いている人ってどんな人?訪問看護ステーションが求める人材とは?

看護師不足が深刻な中、私がコンサルタントとして出入りしている訪問看護ステーションはどこも看護師さんを探している状況で、どこの訪問看護ステーションに行っても、「どこか看護師さんは居ないかね…」 「いや~、どこのステーションも探しているので…」と、合言葉のような会話になってしまいます。今回は、訪問看護を目指している看護師さん向けに、経営者の目線からみた、訪問看護ステーションが求めている人材をお話したいと思います。

障害を武器にしてスマホひとつで出来る新ビジネスとは?高齢者向けカウンセリングサービス『回想フォン』を知ってますか?

私の周りでも障害者の方々が、障害で通勤ができなかったり、体を使う作業ができなかったりして、仕事ができず、困っている方がたくさんいらっしゃいます。そんな中、これからの超高齢化社会に向けて、逆に障害を武器にして、さらにスマホひとつで仕事ができるという新ビジネス、「高齢者向けカウンセリングサービス『回想フォン』」というのが注目を浴びています。

電気毛布の電磁波って身体に悪い?現場での対策をご紹介します!

私達が仕事でお付き合いさせていただいている高齢者や患者さんの皆さんは、日常から電気毛布を愛用していらっしゃいます。中には、1日中電気毛布にくるまって生活しておられる方も少なくありません。そんな方々の中で、「電気毛布は電磁波が出ていて身体に悪いんじゃないか?」と、心配されている方がけっこういらっしゃいます。そこで、いつも我々が患者さん方にお話している電気毛布の電磁波の説明と対策を記事に挙げてみました。

スマホの文字を大きくしたい?老眼で困った時の設定は?ブラウザとLINEも!

50歳を超えると老眼が進んで、スマホの文字も見えにくくなりますよね?私も裸眼では、もうぜんぜん見えません(笑)そこで、スマホの文字を大きく見やすくしましたので、私が実践した方法をご紹介したいと思います。今回は、スマホ本体の文字を大きくする方法と、よく使うアプリとして、Chrome、FireFox、LINEの文字を大きくする方法も併せてご紹介致します。

楽して引き締まった体になりたい?無理せず始める2つのトレーニングとは?

「楽なダイエットなど無い」というのが私の信条ですが、最初から辛いダイエットをすると、どうしても途中で挫折してしまいます。そこで、ダイエットの運動をご指導する時はいつも、「楽な有酸素運動」+「楽な筋トレ」から始めて、まずは無理せず運動習慣を身につけていただくところからスタートします。「楽な有酸素運動」+「楽な筋トレ」とは、スロージョギングとスロートレーニングという2つのトレーニングです。スロージョギングとは?スロートレーニングとは?スロージョギングとスロートレーニングは、本当にダイエットに効果があるのでしょうか?

本田圭佑選手のバセドウ病は治っているのか?ワールドカップでのプレイに影響は?

ワールドカップに出場している本田圭佑選手は、眼球突出や首の手術痕から、バセドウ病ではないかと言われています。バセドウ病とは、どんな病気なのでしょうか?本田圭佑選手は、なぜバセドウ病だと言われているのでしょうか?バセドウ病なら、すでに治っているのでしょうか?ワールドカップでのプレイに影響は無いのでしょうか?

練炭自殺偽装殺人は何故ずさんな偽装しかできなかったのか?犯人が発達障害だったら?

テレビなどのメディアで練炭自殺の偽装殺人が騒がれていますが、その中で、あまりにもずさんな偽装が注目されています。なぜあんなにずさんな偽装しかできなかったのか?犯人が発達障害だったとしたら納得がいきます。今回は、練炭自殺偽装殺人事件を障害としての観点から考えてみたいと思います。