就職一覧

就職に関する事

重度障害者が自宅で接客できるカフェ?AVATAR(分身ロボット)カフェDAWNって知っていますか?

身体に障害のある肢体不自由障害者は、全国で約275万人にのぼり、肢体不自由障害者の方々の中でも、難病や大ケガで動けなくなり寝たきりになっている重度障害者の方々は多数いらっしゃいます。そんな重度障害者が、自宅でベッドに寝たまま接客して働ける、AVATAR(分身ロボット)カフェDAWNが、12日間限定ではありますが東京赤坂でオープンしました。今回は、障害者就労の目玉である、このAVATAR(分身ロボット)カフェDAWNをご紹介致し、この技術が今後どんな分野に広げられるかを考えてみます。

AIで障害者雇用は増える?!AIが変える仕事で障害者が発揮できる6つの能力とは?

現在、AIで失われる職業が話題になっていますが、 AIは仕事を奪うだけではなく、新たな仕事を創出してくれる事が予想されます。 それは障害者にとって、雇用が増えるチャンスなのでしょうか?それともピンチなのでしょうか? この職業としての変換期に、障害者が発揮できる能力とは何でしょうか?

発達障害の人こそ介護業界への就職を目指せ 障害を長所に転換する! 

高齢者介護施設の経営者の方から、求人のアドバイスのご相談をいただき、人手不足の解消や、退職者を減らす方法についていろいろ話し合いました。そんな中で、発達障害の方々でも有効に働いてもらえるのではないか?という話題が出てきました。介護・福祉業界で、仕事として発達障害の方々の特性を活かせるのでしょうか?自分の障害を長所として活かすには、どんな努力が必要なのでしょうか?実際の現場からみた観点で語りたいと思います。

教員が障害者になってしまったら職場復帰は可能か 教員免許を活かせる仕事はある?

病気で障害が残った元教員の方の職場復帰のご相談を受けました。障害者としての収入源は障害者基礎年金しかありませんので、生活費を稼ぐため職場復帰して収入を得なければいけません。しかし、建前とは裏腹で、学校や教育委員会の障害者雇用の現状は厳しいものがあり、そう簡単にいくものでもありません。障害者となってしまった教員の職場復帰は可能なのでしょうか?せっかく持っている教員免許は活かせないのでしょうか?

知的障害者の就職は今がチャンスです 就職にメリットがある療育手帳は持っていますか?

仕事で、知的障害を持つ方々の就職の相談をよく受けます。生活するための収入を得るという意味で、仕事をするという事は無視できないのが現実です。就職するという競争に勝つ為には、療育手帳を利用する事にメリットがあります。知的障害者の就職状況はどうなっているのでしょうか?知的障害者の就職は今が本当にチャンスなのでしょうか?療育手帳は就職のメリットになるのでしょうか?

無資格 未経験でも介護の職場で働ける?注意点まで解説します!

現在、介護の現場は人手不足で困っています。私も人材紹介会社のアドバイザーをしていた関係上、「どこかに良い人材はいないか?」とよく相談されます。そこで、いま介護業界で注目を浴びているのが、無資格・未経験の人材です。では、無資格・未経験でどんな仕事ができるんでしょうか?

障害者の就職が有利になる!4月1日から何が変わる?

今回は、障害者の方から「どこの会社も障害者を必ず雇わなければいけないの?」という質問をいただきましたので、その回答として記事に挙げさせていただきました。働きたい障害者を支援する法律として「障害者雇用促進法」 というものがあります。この「障害者雇用促進法」は平成30年の4月1日に改定があります。この障害者雇用促進法とはいったい何でしょうか?障害者雇用促進法の何が変わるのでしょうか?

介護で働きたい方へ 介護の現場で必要な資格!3つのパターンとは?

在学中…学校を卒業して…再就職として…これから介護業界に進みたいと考えている方がいらっしゃると思います。私も、患者さんのご家族にもよく相談をいただきますし、人材紹介会社のアドバイザーの頃は、求人側とも求職側ともよくお話しをしていました。介護で働くにはどんな資格を持っていれば良いのでしょうか?介護の資格ってどんなものがあるのでしょうか?

60歳以上のシニア世代の求人が激増?なぜ企業はシニアを求めるのか?

現在、シニア世代(60歳以上)の求人が激増しています。厚生労働省も65歳以上の雇用も促進しており、ハローワークに専門の窓口を設けたりシニアの雇用に対する助成金制度も作られています。また、シニアに狙いを絞った求人サイトもいくつか登場しています。なぜ、いま人材としてシニアが求められているのでしょう?

就職したい障害者が増えている!仕事の探し方は?障害者雇用支援の問題点とは?

ご病気で障害者となってしまったが再就職したい方。生まれつき体が不自由だが、働きたい方。支援学校を卒業して就職したい方。障害者の方々も働きたい方はたくさんいらっしゃいます。障害者の方の求職者は年々増加傾向にあります。しかし、なかなか就職が容易ではないのが現状です。では、どうやって仕事を探せば良いのでしょうか?支援する側も、今後はどう変わっていくべきなんでしょうか?