鼻うがいが痛い原因の9割は洗浄液?痛くない洗浄液に必要な2つの条件とは?

スポンサーリンク

患者さんに鼻うがいをオススメすると、

「鼻うがいは痛いから・・・」

と、よく言われますが、

痛くなる原因の9割は洗浄液の問題です。

では、痛くない洗浄液ってあるのでしょうか?

市販品と自作の洗浄液を考えてみましょう!

鼻うがいが痛い?洗浄液はどうしてます?

洗浄液が原因で、鼻うがいが痛いのは、

・洗浄液の温度

・洗浄液の成分

という2つの条件が左右します。

鼻うがいの洗浄液としては、市販のものがいろいろありますが、

そのほとんどは、痛くならない成分で作ってあります。

ただし、使う環境によっては痛く感じる時もあります。

これは、使う時の温度が問題で、

少し温めて使うと解決できますので、一番手ごろだと思います。

ただし、市販品の一番の問題点は・・・

不味い事です(笑)

味が不味かったり、ミントの臭いが鼻から取れなかったり・・・

私は市販品の味より塩味の方が好きなので、

自作で洗浄液を作って使っていました。

(今は普通の水道水でもできるようになりました!)

ただ、お湯と塩を混ぜるだけなのでお手軽ですし、

1回のコストも0コンマ何円で治まりますし、

使い終わったら、庭の除草剤にも使えますし(ドケチ(笑))

かなり得な方法です。

今から鼻うがいを始める方は、

両方使ってみて、自分の好みで選ぶと良いと思います。

今回は

痛くない鼻うがい洗浄液を自作するポイントを説明いたします。

痛くない鼻うがい洗浄液を作るポイント!

痛くない鼻うがい洗浄液のポイントは2つです。

①体温と同じぐらいの温度にする

鼻うがいが痛いのは、水を常温でそのまま使って

冷たい水と体温との温度差の刺激で痛いのです。

温度差は、水風呂にいきなり飛び込むのと、

ぬるま湯に飛び込む事を

想像していただければ分かりやすいかと思います。

お湯の温度は、体温と同じくらい(35~38度ほど)

ぬるま湯なら刺激が少なく痛みが出なくて済みます。

いちいち温度を測るのは面倒な方は、お湯を触ってみて

「ん・・・ちょっとぬるいかな?」

というぐらいの温度が適温です。

台所や洗面台でお湯が出る設備のあるご家庭では

設定してあるお湯の温度は40~42度でしょうから

少しだけ冷まして使うと良いですね。

理想は1回沸騰させてカルキを飛ばした方が良いのですが、

個人的な感想としては、

水道水そのままでもカルキとしての刺激は少ないですし、

ニオイもそんなに気になりません。

どうしても刺激やニオイが気になる方は

沸騰させてカルキを飛ばしたお湯を使うか、

ミネラルウォーターを使ってみて下さい。

スポンサーリンク



②体液と同じ塩分濃度にする

鼻うがいをして痛く感じるのは

人間の体の体液と鼻うがい液の塩分濃度の差でおこる

浸透圧も原因です。

という事は

人間の体液と同じ塩分濃度で鼻うがいをすれば

浸透圧が起こらないため痛くないわけです。

人間の体液の塩分濃度は0.9%ですので、

鼻うがいの液も0.9~1%にします。

お湯100ccに対して、1g弱の食塩を混ぜて下さい。

お湯200ccだと塩2g弱、

お湯300ccなら塩3g弱(小さじ一杯弱)

という事です。

ここで注意してもらいたいのは、

アジシオやだし塩などのように

不純物を含んでいるような塩は使わないで下さい。

私は

「もしかしたら美味しいかもしれない♪」(笑)

と思って、ダシの入った塩で試した事がありますが、

鼻にニオイや違和感が残って気持ち悪かったです(泣)

よくよく考えると、

鼻に異物が残ると炎症などを起こして

病気につながるかもしれない・・・

と、思いつき1回で止めました。

鼻うがいに美味しさは求めない方が良いですね(笑)

普通にお店で売っている食塩で大丈夫ですので、

できるだけ純粋な塩を使って下さい。

鼻うがいが痛い原因の9割は洗浄液?痛くない洗浄液に必要な2つの条件とは? まとめ

まとめ

1 鼻うがいが痛い?洗浄液はどうしてます?
 鼻うがいが痛いのは、
  ・洗浄液の温度
  ・洗浄液の成分
 という2つの条件が左右する。

2 痛くない鼻うがい洗浄液を作るポイント!
 ①体温と同じぐらいの温度にする
  お湯の温度は、体温と同じくらい(35~38度ほど)
 ②体液と同じ塩分濃度にする
  お湯100ccに対して、1g弱の食塩を混ぜて下さい。

インフルエンザや普通の風邪の予防として、

鼻うがいはすごく効果的な予防法です。

私が担当する患者さんやそのご家族にも

風邪の予防ととして、鼻うがい勧める事が多いのですが・・・

これが、なかなか続かないんです(泣)

続かない理由のほとんどは

「痛いから・・・」

なんですね。

確かに私も始めた頃はかなり痛かったですから、

毎日「もう止めよう・・・」

って思いながら続けていましたが、

勉強して、痛くない鼻うがいの方法を見付けました!

仕事に必要な知識だから勉強したのならカッコいいですけど、

ただ単に、自分が痛かったから勉強しただけなんで、

偉そうには言えないんですが(笑)

慣れてしまえば、

冷たかろうが、

ただの水だろうが、

ぜんぜん痛くなくなるんです!

そこまで到達するまでに止めてしまう方が多いですね。

そこで、この方法を勧めると

「おー!これなら痛くないね!」

って、また始めて下さいます。

皆さんも慣れるなでは、

この方法で鼻うがいを続けてみて下さいね♪

関連記事



スポンサーリンク

フォローする