風邪ってこじらせたらどうなるの?たかが風邪じゃない!その恐ろしさとは?

スポンサーリンク

我々が関わらせていただいている患者さんは、

高齢者やご病気を持った方々ばかりです。

症状の激しいインフルエンザなんかはもちろんですが、

高齢者・免疫力が落ちるご病気を持った方々には

普通の風邪でも命に関わる事があります。

今回は、そんな感染性の病気の怖さを体験談を交えて語ります。

風邪から悪化して家に戻れなくなる?

実際に、私が担当した患者さんでも風邪から肺炎になり、

入院してそのまま自宅に戻ってこられなくなった方が

何人もおられます。

自宅に戻って来られないと言うのは、

そのまま入院中に亡くなられた方もいらっしゃいますが、

入院で体が弱くなったり、

入院中に認知症が進行したりして

自宅では生活できなくなって、

施設に入らざるを得ない状態になった方もいらっしゃいます。

なぜ?ただの風邪から肺炎になる?

風邪をひくと

発熱・咳・くしゃみ・鼻水というような症状が出ますよね?

この症状こそが体の免疫力なんです。

ウイルスや細菌が体の中に入ってくると、

・発熱(熱を上げる事で抗体がウイルスや細菌に勝てるようにする)

・咳やくしゃみ(ウイルスや細菌を体の外に出す)

・鼻水(鼻の水分でウイルスや細菌を捕まえて出す)

などの症状を体がわざと出して

ウイルスや細菌を外に出したり戦ってやっつけてしまおうとします。

ところが、高齢者や糖尿病・免疫不全症などの免疫力が落ちるご病気を持った方々は、

免疫力が落ちているので、

ウイルスや細菌が体の中に入ってきても、

これらの症状が出ないんです。

私が担当した患者さんでも

前日まではチョーお元気で

「風邪ひかないようにして下さいね!」

なんて注意して帰った次の日に

「高熱が出て入院した」という連絡がきて、

あわてて病院に見舞いに行くと、ご家族から

「肺炎だそうです・・・」

と聞く事が今まで何度もありました。

スポンサーリンク



症状が出るから感染がわかる?

感染症は何でもそうですが、

症状が出ないと感染しているのがわからないんです。

「体が何となくダルいのよね・・・」

とか、

「ノドがイガイガする・・・」

なんて自覚症状を訴えて下さったり

「今日はなんか鼻声ですね」

とか、

「熱が少しありますね」※在宅の患者さんは必ず熱を測ります。

とか、

他覚症状(我々が見つける症状)

があって、

「ん?これはおかしい・・・」

と思った時にいろいろ動くんですが、

症状が出ていないと他人どころか

本人すら気付かないという状況になるんです。

高齢者や免疫力が落ちる病気を持った方は要注意!

高齢者や免疫力が落ちるご病気を持った患者さんは

ウイルスや細菌に感染していても何の症状も出ていない状態で、

本人も家族も我々も誰も警戒していない状況から急に熱が出たりする事は、よくありました。

ウイルスや細菌に感染しても免疫力が落ちていれば体も対応してくれないので、

誰も気付いていないうちにウイルスや細菌が増殖して、

肺炎になるまで悪化して

体が「もうどうにもならない状態」になって初めて

高熱が出て気付くという事です。

「インフルエンザにかかったお孫さんが居るって聞いてたのに・・・もっと厳しくご家族に注意すべきだった・・・」

「ご家族が面倒くさがれても、温度や湿度の管理をもっとお願いすべきだった・・・」

なんて後悔する事も何度かありました。

風邪ってこじらせたらどうなるの?たかが風邪じゃない!その恐ろしさとは? まとめ

まとめ

1 風邪から悪化して家に戻れなくなる?
風邪から肺炎になり、入院してそのまま自宅に戻ってこられなくなった方が何人もおられます。

2 なぜ?ただの風邪から肺炎になる?
高齢者や糖尿病・免疫不全症などの免疫力が落ちるご病気を持った方々は、免疫力が落ちているので、ウイルスや細菌が体の中に入ってきても、これらの症状が出ない。

3 症状が出るから感染がわかる?
症状が出ていないと他人どころか本人すら気付かないという状況になる。

4 高齢者や免疫力が落ちる病気を持った方は要注意!
ウイルスや細菌に感染しても免疫力が落ちていれば体も対応してくれないので、体が「もうどうにもならない状態」になって初めて高熱が出て気付く。

感染して大変な事になる前に予防する事がすごく大事です。

高齢者や免疫力が落ちる病気をお持ちのご本人はもちろんですが、

ご家族や身の回りにそんな方がいらっしゃる方も感染源にならないように予防する事をおススメします。

もちろん、私自身も感染源にならないように、

嫁や同僚と喧嘩になるぐらい(笑)

毎日、神経質に感染予防を徹底しています♪

関連記事



スポンサーリンク

フォローする