就職一覧

無資格 未経験でも介護の職場で働ける?注意点まで解説します!

現在、介護の現場は人手不足で困っています。私も人材紹介会社のアドバイザーをしていた関係上、「どこかに良い人材はいないか?」とよく相談されます。そこで、いま介護業界で注目を浴びているのが、無資格・未経験の人材です。では、無資格・未経験でどんな仕事ができるんでしょうか?

障害者の就職が有利になる!4月1日から何が変わる?

今回は、障害者の方から「どこの会社も障害者を必ず雇わなければいけないの?」という質問をいただきましたので、その回答として記事に挙げさせていただきました。働きたい障害者を支援する法律として「障害者雇用促進法」 というものがあります。この「障害者雇用促進法」は平成30年の4月1日に改定があります。この障害者雇用促進法とはいったい何でしょうか?障害者雇用促進法の何が変わるのでしょうか?

介護で働きたい方へ 介護の現場で必要な資格!3つのパターンとは?

在学中…学校を卒業して…再就職として…これから介護業界に進みたいと考えている方がいらっしゃると思います。私も、患者さんのご家族にもよく相談をいただきますし、人材紹介会社のアドバイザーの頃は、求人側とも求職側ともよくお話しをしていました。介護で働くにはどんな資格を持っていれば良いのでしょうか?介護の資格ってどんなものがあるのでしょうか?

60歳以上のシニア世代の求人が激増?なぜ企業はシニアを求めるのか?

現在、シニア世代(60歳以上)の求人が激増しています。厚生労働省も65歳以上の雇用も促進しており、ハローワークに専門の窓口を設けたりシニアの雇用に対する助成金制度も作られています。また、シニアに狙いを絞った求人サイトもいくつか登場しています。なぜ、いま人材としてシニアが求められているのでしょう?

就職したい障害者が増えている!仕事の探し方は?障害者雇用支援の問題点とは?

ご病気で障害者となってしまったが再就職したい方。生まれつき体が不自由だが、働きたい方。支援学校を卒業して就職したい方。障害者の方々も働きたい方はたくさんいらっしゃいます。障害者の方の求職者は年々増加傾向にあります。しかし、なかなか就職が容易ではないのが現状です。では、どうやって仕事を探せば良いのでしょうか?支援する側も、今後はどう変わっていくべきなんでしょうか?

60歳代から介護への再就職が急増?!実際に再就職した方々の感想も聞いてみました!

厚生労働省の発表では、60歳以上で、医療・介護業界へ再就職した人数は、2005年から65万人も増えており、近年では特に急増しているようです。60代といえば、定年を迎える年齢です。いったい何故、定年後の60代から介護職への再就職を目指すのでしょうか?実際に60歳以上で、介護職に再就職した方々の感想も聞いてきました!