お酒を飲んだ日でもインフルエンザの予防接種していいの?次の日は?

スポンサーリンク

インフルエンザが流行る時期ですね。

インフルエンザの予防接種は受けましたか?

我々が関わっている患者さんやご家族にも予防接種をオススメしますが、

忘年会・新年会でお酒を飲む機会も多い時期です。

今回はインフルエンザ予防接種と飲酒の関係について語りたいと思います。

予防接種は予約制?忘年会・新年会があるんだけど・・・

現在、インフルエンザワクチンが不足しているため、

予防接種のは予約が必要になっています。

「予約を入れてしまった日に、忘年会や新年会で酒を飲まなきゃいけないんだよね・・・」

「晩酌が楽しみで、毎日酒を飲むんだけど・・・予防接種したら飲めないの?」

「酒を飲んで、二日酔いの日がたまたま予防接種の予約の日だった・・・どうしよう・・・」

なんて、お酒と予防接種の関係が気になるかと思います。

私の患者さんでもお酒が好きな方がいらっしゃって、

予防接種の日も二日酔いだったんで、

奥様から

「予防接種の時ぐらい飲むのをやめなさいって言ったでしょ!」

って、こっぴどく怒られて落ち込んでいる方がいらっしゃいましたが(笑)

酒好きからしたら

「そんな事言われても・・・」

って感じですよね?(笑)

飲んでも予防接種は受けられるの?

結論から言いますと、

インフルエンザの予防接種の前後の飲酒は・・・

”酒を飲んでも大丈夫”です!

酒好きの方、おめでとうございます!

おーっ!パチパチパチ!!

と言いたいところですが・・・

深酒はNGです(泣)

多量の飲酒はインフルエンザワクチンの副作用を出やすくしますので、

予防接種の前後は、深酒をせず嗜む程度に抑えておく必要があります。

飲酒した次の日でも、二日酔いがひどい状態だと副作用が出やすくなります。

また、副作用が出ている時の飲酒は避けた方が良いです。

副作用というのは、

注射した場所の赤み・腫れ・痛みなどの症状や、

発熱、頭痛、寒気、だるさなど、

軽いインフルエンザの症状だと思っていただければ

わかりやすいと思います。

これらの副作用は、

予防接種を受けてから、だいたい24時間程度で出ますので、

予防接種後の24時間は特に注意しておく必要がありますね。

スポンサーリンク



予防接種は受けておいた方が良いですよ!

インフルエンザ予防接種と飲酒の関係は

ご理解いただけましたでしょうか?

まとめると

酒は飲んでも深酒するな!

です(笑)

忘年会や新年会などと重なる事もあるでしょうが、

少しだけ我慢して深酒は慎んで下さい。

「それじゃ、俺は酒の方が大事だから予防接種なんか受けない!」

って言う方も、いらっしゃるでしょうが(笑)

インフルエンザでしんどい思いをする事を考えたら

予防接種は受けておく事をおすすめします。

お酒を飲んだ日でもインフルエンザの予防接種していいの?次の日は? まとめ

まとめ

1 予防接種は予約制?忘年会・新年会があるんだけど・・・
お酒と予防接種の関係が気になるかと思いますが答えは
          ↓
2 飲んでも予防接種は受けられるの?
 深酒をしなければ飲んでも大丈夫!

3 予防接種は受けておいた方が良いですよ!
 深酒をしなければ大丈夫ですから
 予防接種は受けておく事をおすすめします。

インフルエンザが発症して、しんどい思いをするだけならまだしも、

悪化して、命の関わる事もありますから。

たった24時間です。

それも深酒しなければ飲んでもいいんです。

休肝日だと思って、少しだけお酒を控えて、予防接種を受けて下さいね。

私もそうしますから(笑)

関連記事




スポンサーリンク

フォローする