高齢者一覧

自宅での介護が新しい技術で便利になる IoTは介護の役に立つ?

最近のAIや工学技術の進歩がスゴイですね。介護にITなどを利用しようとする案はかなり昔からありましたが、利用したい場面に技術が追い付いていない事もあり、実現は、あまり進みませんでした。私も10数年前に、IT介護マンション建築計画に関わりましたが、当時の技術では、実現できませんでした。技術が急激に進んできた今、先進技術はどこまで介護を助けてくれるんでしょうか?話題のIoTは、介護をどう変えてくれるのでしょうか?

認知症の高齢者を助ける 期待のボランティア 認知症サポーターって?

近年、高齢化の影響で、認知症の患者さんの人数は、年々増え続けています。更に、若年性認知症として、40歳代から認知症になる方も増えており、今後、認知症の患者さんはもっと増えていく事が予想されます。我々が関わらせて頂いている患者さんも、認知症の方の割合が増えてきています。そんな中で、注目されているのが、認知症サポーターと呼ばれる人材です。この認知症サポーターとは何でしょうか?これからの社会にどう役に立つのでしょうか?

医療費で使った分の税金は返って来ます!医療費控除って知っていますか?

「たくさん医療費がかかった…(泣)」と、患者さんのご家族からお話しを伺いましたので、税理士さんに相談したところ、「医療費で払った分の税金は、医療費控除を受ければ還付金として返って来ますよ。」と教えていただきました。ただ、会社にお勤めの方は年末調整に期待されると思いますが…この医療費控除は年末調整では返って来ないようです。では、どうやって受け取れば良いのでしょうか?税理士さんからお聞きした話を、まとめて説明致します。

介護で仕事を休んだらお金がもらえるって知ってますか?介護休業給付金とは?

ご家族が、病気やケガで介護が必要になって、介護で仕事を休まなくてはいけなくなる…私達が関わっている患者さんのご家族にも、そんな苦労をされている方々がたくさんいらっしゃいます。休んだ間の収入が無くなって、皆さん困っていらっしゃいました。介護休業を取った時に、支給される「介護休業給付金」という制度があるのを知っていますか?この介護休業給付金の詳細と手続き方法を説明します。

60歳以上のシニア世代の求人が激増?なぜ企業はシニアを求めるのか?

現在、シニア世代(60歳以上)の求人が激増しています。厚生労働省も65歳以上の雇用も促進しており、ハローワークに専門の窓口を設けたりシニアの雇用に対する助成金制度も作られています。また、シニアに狙いを絞った求人サイトもいくつか登場しています。なぜ、いま人材としてシニアが求められているのでしょう?

認知症がある場合の施設の選び方は?施設と在宅ではどっちが介護しやすい?

現状では施設もなかなか入りにくくなっており、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などは数年待ちが当たり前という状態になっています。特に、強い認知症がある方の場合は、入所を断られたり、入所してからも問題があれば退去を求められたりする事もあります。では、認知症が強い方はどんな施設に行けば良いのでしょうか?在宅ではどうなのでしょうか?

自宅での介護はどこまで出来るのか?在宅介護の現場で見てきた現実とは?

ご家族が介護を必要とする状態になって、様々な事情で、自宅で介護しなければいけない状況になった時、「本当に自宅で介護が出来るんだろうか?」と、誰もが悩まれます。自宅での介護の問題点とは?どうすれば自宅で介護が出来るのでしょうか?

60歳代から介護への再就職が急増?!実際に再就職した方々の感想も聞いてみました!

厚生労働省の発表では、60歳以上で、医療・介護業界へ再就職した人数は、2005年から65万人も増えており、近年では特に急増しているようです。60代といえば、定年を迎える年齢です。いったい何故、定年後の60代から介護職への再就職を目指すのでしょうか?実際に60歳以上で、介護職に再就職した方々の感想も聞いてきました!

介護保険を申し込みたい?良いケアマネージャーを選ぶ3つのポイントとは?

病気やケガで動けなくなり、介護が必要になる・・・そんな時に必要なのが介護保険です。介護保険を申し込むには、まずケアマネージャーを選ばなくてはいけません。介護の現場で実際に見てきた、良いケアマネージャーとは?利用者の立場に立った厳しい意見で、ケアマネージャー選びの3つのポイントをご説明致します。