訪問看護に向いている人ってどんな人?訪問看護ステーションが求める人材とは?

スポンサーリンク

看護師不足が深刻な中、私がコンサルタントとして出入りしている訪問看護ステーションはどこも看護師さんを探している状況です。

どこの訪問看護ステーションに行っても、
「どこか看護師さんは居ないかね…」
「いや~、どこのステーションも探しているので…」
と、合言葉のような会話になってしまいます。

今回は、訪問看護を目指している看護師さん向けに、
経営者の目線からみた、訪問看護ステーションが求めている人材をお話したいと思います。

訪問看護に必要な資格は?

出展:Deskgram

訪問看護ステーションで働く上で必要な資格の面からお話しますと、
ぶっちゃけ看護師免許を持っていれば問題なく働けます。

ただし、訪問看護ステーションの経営者からすると、
看護師として同じ事ができても、准看護師は報酬が1割減となるので、
正看護師を欲しがる事業所の方が多いです。

もちろん訪問看護の認定看護師の資格などを持っていれば、持っているに越した事はありませんが、
実際の現場での働きや待遇にはあまり関係がありません。

雇う側が求めるのは知識と経験?

訪問看護は、患者さんの自宅にお伺いして看護をするのが仕事ですが、

患者さんの疾患として、
内科・整形外科・脳神経外科・神経内科・呼吸器科・・・など、
難病も含めた一般的な疾患はもちろん、精神疾患から小児まで、

在宅で生活できる全ての疾患の患者さんを扱う事になります。

専門科目に偏ったステーションもありますが、
普通の訪問看護ステーションは、いろいろな疾患の患者さんを診ますので、

出来るだけ幅広く、いろいろな知識と経験を持っている看護師さんをステーション側は求めています。

緊急時の対応ができる看護師さんだとベストですが、
緊急時には管理者や主治医の指示を仰ぐ必要がありますので、
看護師として基本的な知識と技術があれば、基本的な対応はできます。

まあ、訪問看護あるあるとして、夜間に患者さんから緊急で呼ばれた時に、

主治医が眠っていて連絡がつかない…
晩酌してしまっていて往診に来れない…

なんて事もありますので、

基本的な緊急時の対応は学んでおく事をおすすめします。

今は看護師不足でステーション側も贅沢を言ってられませんので、知識や技術が低くても雇ってはもらえますが、

実際に仕事として現場に入った時には、
看護師としての知識や技術を当然のように求められますので、
知識や技術が低い看護師さんはかなり苦労すると思います。

訪問看護に向いている性格は?

出展:ジョブメドレー

ネットなどでは、訪問看護に向いている性格として、
『大らかで人当たりが良く、コミュニケーションが好きな人』
なんていう情報をよく目にしますが、

『大らかさ』→『大雑把』、『人当たりの良さ』→『八方美人』なんて、

受け取る側の価値観で真逆にとられる事は多々ありますし、
コミュニケーションが好き(話好き?)な看護師さんを嫌う患者さんはたくさんいらっしゃいますので、

いろいろな性格の看護師さんが居ても良いとステーション側は思っています。

ただし、訪問看護は一人で現場に行くので、その場で誰かにフォローしてもらえる事はなく、
患者さんに嫌われたら、即クレームになる事も珍しくありません。

一番クレームが多いのは、
患者さんの希望や気持ちを受け入れられず、自分の価値観を押し付けるような看護師さんですね。

こんな看護師さんは、患者さん側からもステーション側からも嫌われる事が多いです。

もちろん患者さんの為を思って、厳しい事を言わなければいけない時も多々ありますが、

「患者さんのためを思って厳しくしているんです!」

と言いながら、完全に自分だけの価値観と感情で、患者さんを振り回している看護師さんをよくみかけます。

そんな看護師さんは、患者さんからもステーションからも煙たがられて、
居心地が悪くなって辞めていきます。

全ての患者さんに好かれる必要はありませんが、
どんな患者さんにも受け入れられる
『人間力』
がある看護師さんをステーション側は求めています。

あと、自分勝手に動くような看護師さんをステーション側は嫌います。

「臨機応変に対応しているんです!」

なんて言って、自分勝手に判断する看護師さんがいらっしゃいますが、

一人で現場に行くからこそ、自分だけの知識や価値観だけで判断すると重大な事故につながります。

自分勝手に判断せず、責任者に報告・連絡・相談して、
指示をキチンと守れる看護師さんをステーション側は求めます。

また、ネットなどで
「汚い家に行く事もあるので、潔癖症みたいな神経質な人は向かない」
なんていう経験談を目にします。

確かに、汚物の跡だらけの床や、何故かいつもしっとり濡れている畳、ゴミ屋敷のようなお家にも行かなければいけませんが、すぐに慣れます(笑)

慣れた訪問看護師の皆さんは、替えの靴下やスリッパを準備したりして上手く対応しています。

逆に、そんな劣悪な環境を改善する事が、訪問看護師の醍醐味だと燃えている看護師さんもたくさんいらっしゃいますね。

それと、
「動物が嫌いな人は訪問看護に向かない」
という情報も目にしますが、
アレルギーなどがある場合を除いて、これも大丈夫です。

訪問先でペットを飼っていらっしゃるお宅は珍しくありませんが、
ほとんどの場合、訪問時には側に近づかないように、患者さんご本人やご家族が気を使ってくれます。

ステーション側が求める労働条件は?

出展:医療法人 新光会

訪問看護は、普通の病院や施設とは違って、個人で担当を持っていて、
その日その日で個人のスケジュールが決まっています。

『子育て支援』を前面に押し出しているステーションでも、子育て支援のためにスタッフを余分に雇っているわけではないので、

子供が急に熱を出したりして休んだ時には、自分のスケジュールを他の看護師さんが代行する事になります。

看護師さんがたくさん居る大きなステーションや、スケジュールに余裕のある暇なステーションなら、他の看護師さん達にそんなに迷惑はかかりませんが、

普通の規模のステーションや、1日のスケジュールが詰まっているステーションなら、

1人分のスケジュールを皆で振り分けても、結構なハードスケジュールになりますし、担当者の変更や時間の変更などで、患者さんにもご迷惑をかける場合もあるので、

それを考えると、ステーション側としては休まれると困る事になります。

さらに、夜間の電話当番もありますし、当番の時は深夜に緊急出動する事もよくあるので、

小さいお子さんがいて、いつ休むかわからない方や、家庭の都合で緊急に動けない方は、
ステーション側も好みませんし、自分も苦労する事になります。

できれば、独身だったり家庭の用事に縛られない方の方がステーション側は喜びますね。

まとめ

経営側として、訪問看護ステーションが望む看護師さんの資質を挙げてきましたが、

これは経営者側の”本音”という事であって、

ステーション側も看護師不足で贅沢は言っていられない状況ですので、

よっぽど訪問看護に向いていない看護師さんじゃなければ、どんな状況でも何とか対応してくれますから、安心して下さい。

ただ、自分が”働きやすい職場”を求めて訪問看護に就きたいのであれば、

良い部分だけを考えず、これまで語ってきた厳しい部分の内容もよく考えて、

『自分の希望に合う職種なのか?』

を判断して下さいね。

スポンサーリンク

フォローする